感情がわからない

query_builder 2021/03/01
ブログ
s-AdobeStock_34788807

「感情がわからない」

そんな経験をされたことはありますか。

自分が怒っているとか

泣いているとか

楽しんでいるとか

面白いと思っているとか

そういった感覚を一切感じてなくて、

なんか笑ってるな、

なんか泣いてるな

なんか大きな声出してるな

となっていることはありませんか。


あまりに疲れすぎていたり、

あまりに忙しすぎたり

あまりに困惑していたり

あまりに落ち込み過ぎていたりと

精神状態がある一定線を超えてしまうと

自分の感情が一体どういう状態なのかが

わからなくなることがあるようです。


感情がわからないところまでになっておられたら

これはどういう状況なのかと

考える前に、

休息をとってみてください。


人間は不思議なものでしっかり休息がとれたなら、

さまざまな感情が少しずつよみがえってきます。


いや、毎日何もせずに休んでばっかりだと

おっしゃる方もおられるかもしれません。


しかしそれは休んでおられるのでは実はないのです。

無為無策という状態は実は精神的にひどく落ち込んでおられる状況です。

ひどく落ち込み過ぎて、ご自身が落ち込んでいることさえ

気づけない状況なのです。

もちろん、その状況では本当の意味の休むということにはなっていません。


休むということは難しいものですが、

休む時に大切なことは

こころからご自身を許しておられる状況なのではなないかと思います。


何の罪悪感も持たず、

ただ、体とこころを休ませること

それが本当の休息だと思います。

そしてそういう休息をとっていただけるようになれば

きっと感情も動き出すと思います。


NEW

  • 人になぜ合わせるのか

    query_builder 2021/04/14
  • 感情がわからない

    query_builder 2021/03/01
  • 自分のことを話す

    query_builder 2021/02/25
  • 他者の機嫌が気になる

    query_builder 2021/02/19
  • 平常心を保つ

    query_builder 2021/02/09

CATEGORY

ARCHIVE